【ドラクエ10の謎】お魚の行方

はーい

お久しぶりです!レモンです!

ドラクエ10の世界でちょっと気になることって皆さんあると思います。

今回は各地にいる魚交換員に渡したお魚がどこにいったのか考察していきます。

1 プクリポ族の主食になっている

魚交換員はほとんどがプクリポであり、

魚交換員の組織もプクリポが主体である可能性が高いです。

プクリポの主食が魚の可能性が高く、彼らの食料になっていると予想されます。

2 調理ギルドに横流しされている

オルフェアの町にある調理ギルドは、こちらもプクリポが主体の組織なので、

交換されたお魚が調理ギルドに横流しされ、

そこで食材に使われている可能性もあります。

おさかなコインで交換できるものも調味料や食材が多いですよね。

3 海や川に放流されている

現在のアストルティアでは漁獲量の制限が無いので、

冒険者たちが釣りをやりすぎると、魚が絶滅してしまいます。

実は魚交換員たちは、交換した魚を放流しているのかもしれません。


いかがでしたか?

それにしてもこの組織、肩書は魚交換員なのに、

自分で名乗るときはおさかな交換員なんですよね。

おさかなコインという独自の通貨を発行しているので、

怪しい組織だということは、間違いありません。

今後もドラクエ10の謎に迫っていきたいと思います。

宜しければバナーをクリックしてランキングに協力していただけると助かります!


人気ブログランキング